不正のトライアングル

この記事は約1分で読めます。
« Back to Glossary Index

機会・動機・正当化の3つが揃った時、不正が行われるリスクが高くなる、ということ。

例:ゴミのポイ捨て

機会:周囲に人が誰もおらず、見ている人がいない

動機:近くにゴミ箱がなく、持って帰るのが面倒

正当化:道の周囲にはいくつがゴミが落ちてる、ということはみんなやってるし、いいか

監視カメラを設置したり環境美化に努めたりするなど、要素を取り除いて不正を行われにくくする必要がある。

タイトルとURLをコピーしました